忍者ブログ
イナズマイレブンGOのアニメ、ゲームの感想やお絵描き。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

http://13assassins.jp/main.html
いやはや、凄かった。
ほぼ半分殺陣なんじゃの。
久々にがっつり、殺陣を見た!
ずーっと緊張しっ放しで、こっちの糸が切れそうだったよ!
本当に斬って斬って斬りまくりだった。

全体的に泥臭いのも良かった。
薄暗過ぎて、見えねえよ! みたいな。
いや、見えるけど。
着物もいい感じによれよれだし。
女性陣が、眉なし鉄漿とかね!
化粧が結構粗いとこも良かったー。
そもそも、映像が鮮明過ぎる。

原作読んでないから分からないけど、登場人物それぞれに色々な背景があるんだろうな、と。
その辺、すっ飛ばし。
勿体無い感じはするけど、雰囲気や映像、殺陣、アクション、装置を楽しむもの、と思って見たので、満足!
これ、テレビでノーカットとかになったら大変だろうなあ。
50分、ずっと殺陣だよ。

萌えキャラが一杯だった!
新六郎と小弥太は、腐女子レーダーに反応した。
あのくらいの関係、たまらん!
九十郎と庄次郎の師弟関係は、ガチ過ぎる。
日置と茂助とか。
堀井と樋口とか。
プラトニックだらけで、全体的に萌ゆる!
鬼頭は、忠義の為に悪を貫く人。
こう云う役所は難しいんだよね。

六角さんは、メガネがないと誰かと思った。
内野聖陽、どこにいたのかと思った。
松方さんは、相変わらずかっけえなあ。
殺陣の動きが綺麗過ぎる。
すっかり、老獪って言葉がぴったり!
吾郎ちゃんは、暴君がなかなか板に付いてた。
小奇麗な顔で無表情されると、おっかないんだよね。
全部吾郎ちゃんが演技したの?
すげえ。
演技は棒な所もあったけど、最後の辺りは、本当にすげえ。
スタントさんがやっているかと思った。
しかし、それよりも、岸部一徳はいいのかw あれはw

三池監督は、エンターテインメントが上手いなあ。
毎回、どこか微妙にズレているけど。

てか、グッズは一体。
映画、全然関係なくね?
SAMURAI7かと思ったよ!

パンフレット、これで600円は安いなあ。
最近、薄っぺらくて800円とか普通だったから、良心的に見えてしまうま。

蛍光灯が切れそう。
なんだけど、どれが切れそうなんだろう。

十三夜だったのに見忘れた。
片見月になってもうた。
そういや、ハートレイ彗星も来ているみたいね。
なんてタイミング。


きょうのめいこ。

拍手

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
見てなかったのかな?
内野聖陽は冒頭で切腹する家老。この切腹が発端となって、物語が始まる。あの首筋まで駆使した演技者に気付かなかったとは…。
2010/10/24(Sun)11:52:20 編集
見てましたよ!
いや、見ていないと云えば、見ていなかったのかも知れぬ。
え? 本気で? 痛い! 痛いよ! と、薄目だったもので。
# ばっさりうわーは平気だけど、ゆっくり斬るのは苦手。
そう、首筋が凄くて! 顔アップなのに、首ばっかり見ていたり。
演技に注意が行き過ぎて、役者さんが誰なのかまで気が回らなかったのですなあ。
それで、EDテロップで名前を見つけて、出ていたのに気が付かなかったとは、これ如何に、と、びっくり。
【2010/10/25 01:07】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[480]  [479]  [478]  [477]  [476]  [475]  [474]  [473]  [472]  [471]  [470
ぷろひーる
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
HAYABUSA -BACK TO THE EARTH-

アルトネリコ総合情報ファンサイト「アルポータル」サイトはこちらへ!

ピアプロ・キャラクター・ライセンスに基づいてクリプトン・フューチャー・メディア株式会社のキャラクター「MEIKO」「KAITO」を描いております。

忍者ブログ [PR]